tecnical

トレンドライン

テクニカル分析

FX相場の動向を見極め、その後の動きを予想する上で様々な分析手法があります。

FXは、世界各国で取引がされており、24時間マーケットが開いているため
その値動きに連続性があり、他のマーケットよりテクニカルが機能しやすい傾向にあります。

テクニカル分析は、いくつも種類があり突き詰めればキリがありませんが
ここでは、代表的なものをご紹介したいと思います。
メジャーなテクニカルは、世界各国のトレーダーも参考にしているため、
テクニカル分析は機能しやすい傾向にあります。

トレンドライン

トレンドが継続しているかどうか、又は反転するならどのポイントを超えたら反転か
判断するためにはトレンドラインは一つの目安となります。

下のチャート画像は、ある期間のドル円の4時間足にトレンドラインを引いたものです。

(トレンドラインの画像)

下落トレンドでは、高値と高値を結び、
上昇トレンドでは下値と下値を結びます。

目安となるラインを上抜けるか下抜けると、
これまで続いていたトレンドが転換していることが伺えます。

あと、これは分析手法にも言える事ですが
時間軸を長くして見るとダマシは減る傾向にあり
短い時間軸で見るほど、一時的な値動きのブレによるダマシが多くなる傾向にあります。

非常にシンプルな考え方ですが、
世界各国のトレーダーが目安にしていることもあり、
トレードする上で、トレンドの転換ポイントとして抑えておきたい分析手法の一つです。