XMでレバレッジ制限に引っ掛かった時の対処法と原因を解説!

XM TRADINGは最大レバレッジ888倍を設定することが可能で、ゼロカット方式を採用している海外FX業者です。
日本語カスタマーサポートが充実しているほか、口座開設ボーナスも充実しており日本国内でもかなり人気な業者の1つとして数えられています。

さて、本記事ではXM TRADINGで取引をした上でレバレッジ規制を受けてしまった時の対処法について説明していきます。

[box01 title=”レバレッジ規制について”]

  1. 有効証拠金が2万ドルを超えたタイミングでレバレッジ制限が掛かる
  2. マイナー通貨や経済指標の発表時にもレバレッジ制限が掛かる
  3. レバレッジ制限を解除するには有効証拠金を調節し、サポートへ申請する必要あり

[/box01]

 

XM TRADINGのレバレッジ規制はネガティブな理由で設定されるものではなく、口座管理人について解説していきます。

レバレッジ制限に掛かってしまった人は正しい対処法を覚えておき、これから口座開設する方はXM TRADINGに登録する上での注意点をあらかじめ押さえておきましょう。

[jin_icon_arrowcircle color=”#e9546b” size=”18px”]【徹底解説】XM TRADINGの口座開設方法

httpss://system-fx.com/xm-trading-register/

[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”httpss://clicks.pipaffiliates.com/c?c=496630&l=ja&p=0″ target=”blank”]XM TRADING公式サイト[/jin-button-flat]

目次

XMのレバレッジについて

XM TRADINGのレバレッジ規制

そもそもレバレッジって何?と言う方へ簡単に説明しておきます。

[box01 title=”レバッレジとは?”]

  1. 少ない軍資金でも大きな利益を狙える便利な機能
  2. レバレッジの倍率が高ければ高いほど、高額の取引が可能になる
  3. レバレッジ倍率が高まれば大きな利益が発生する一方で、同じだけの損益も発生する

[/box01]

レバレッジとは、特定の倍率分だけ口座に入金した金額を増幅させ、実際に保持している軍資金以上の金額のトレードが行えるようになる機能のことを指します。

国内FX、A社 XM TRADING
最大レバレッジ 25倍 888倍
1万円で持てるポジション 25万円 888万円
1円価格が動いた時の利益 2500円 8万8千円

 

上記の表を見てもわかる様に、

  1. レバレッジ倍率が高いほど保持可能なポジションが多く、
  2. その分だけ価格変動が起きた時の利益・損益の幅も広くなる

ことがレバレッジの特徴です。

レバレッジの倍率が大きくなるだけ、リスクも大きくなります。

レバレッジ管理は必ず怠らないこと!これはトレーダーの鉄則です。

国内FX業者では最大25倍までの倍率のみ設定することが出来ますが、XM TRADINGなど海外FX業者では400倍や888倍と大きい倍率を設定することが可能です。

ただし、倍率が大きくなるほどロスカットの可能性も大きくなります。

レバレッジ管理だけは絶対に怠らないでください。

XMでレバレッジ規制を受ける条件3つ

XM TRADINGで取引しているとレバレッジ規制にかかることがあります。

XM TRADINGのレバレッジ規制とは、最大888倍まで設定することの出来たレバレッジが制限されてしまう現象を指します。

[box02 title=”レバレッジ制限の理由”]

  1. 証拠金が一定額を超えた場合
  2. マイナー通貨で取引した場合
  3. 経済指標時など、相場の急変が予想される場合

[/box02]

上記3つの場合にレバレッジ制限がかけられてしまう可能性があると言われています。

下記では、これら3つの条件について深掘りしていきます。
それぞれ確認していきましょう。

レバレッジ制限の条件①:証拠金が一定額を超えた場合

MX TRADINGでは証拠金が一定額を超えるごとに最大レバレッジが制限されます。

1ドル=100円としたときのレート表を作成したので、参考にしてください。

証拠金 マイクロ・スタンダード ゼロ
$5~$20,000
(500円~200万円)
888倍 500倍
$20,001~$100,000
(200万円~1000万円)
200倍
$100,001~
(1000万~)
100倍

複数のXM TRADING口座を保持している場合、証拠金額は複数口座で共通です。

  • スタンダード口座に10万円
  • ゼロ口座に10万円

以上の金額が入金されている場合、合計保有証拠金は20万円の扱いを受けるので、その点のみ注意してください。

 

(合計金額のスクショ。マイページ→マイアカウントの概要)

以下コピペ

ちなみに、合計金額はXMの「マイページ」→「マイアカウントの概要」から見る事ができます。

 

スキャルピング用、スイング用などと分ける場合はそれらをすべて合計した値を把握しておきましょうね。

XMでは、その他にもレバレッジ制限がかかるケースが出てきます。

残り2つについて見ていきましょう。

レバレッジ制限の条件②:マイナー通貨で取引した場合

ドル円やクロス円などのメジャー通貨にはレバレッジ制限が設定されることはありません。

しかし、価格変動の激しい(取引板の薄い)マイナー通貨を取引している場合はレバレッジ制限が設定されます。最大レバレッジ別にマイナー通貨の情報を下記にまとめます。

  • EURDKK(欧州ユーロ/デンマーククローネ)
  • EURHKD(欧州ユーロ/香港ドル)
  • GBPDKK(英国ポンド/デンマーククローネ)
  • USDDKK(米国ドル/デンマーククローネ)
  • USDHKD(米国ドル/香港ドル)
  • USDCNH(米国ドル/中国人民元)
  • EURRUB(欧州ユーロ/ロシアルーブル)
  • USDRUB(米国ドル/ロシアルーブル)

 

  • USDTRY(米国ドル/トルコリラ)
  • EURTRY(欧州ユーロ/トルコリラ)

 

  • CHFJPY(スイスフラン/日本円)
  • CHFSGD(スイスフラン/シンガポールドル)

 

2020年4月時点で公開されている通貨ペアごとのレバレッジ制限は上記のとおりです。

マイナー通貨はXM TRADINGに限らず取引板が薄いため、価格変動が大きい特徴があります。
価格変動が大きいことは、それだけ利益に繋がるとも言えますが、リスクを抱える原因にもなります。特別な理由がない限りはメジャーかつ安定した通貨を選択してトレードするべきです。

僕は昔、何度もCFD商品で撤退してます・・・(笑)

レバレッジ管理だけに限らず、あらゆるリスク管理・リスクヘッジは生き残るトレーダーになるための必須事項です。根拠のないトレードは控えましょう。

レバレッジ制限の条件③:影響が大きい経済指標の発表時

大規模な経済ニュースが発表されるタイミングでもレバレッジ制限が設定されることがあります。

例えばアメリカ大統領選挙、欧州中央銀行の会見があった時などはXM TRADINGに限らず多くの取引所でレバレッジ制限が設定されました。

経済指標時にポジションを持ったまま突入すると、激しい価格の乱高下に保有証拠金が追い付かず、含み損+レバレッジ制限のダブルパンチを食らってしまうこともしばしば。

基本的に、経済への影響が大きいと予想される経済指標の発表前は、ポジションを消化しておきましょう。ノーポジが一番のリスク回避方法だと言えます。

レバレッジ制限はアカウント単位で設定されるので、口座を複数お持ちの方は全てに対してレバレッジ制限されます。
さて、ここまで3つのレバレッジ規制の条件について解説しました。
このうち条件②:マイナー通貨での取引の際に設定されるレバレッジ制限は回避のしようがありません。
また、条件③:経済指標の発表時の際については、発表後、相場に落ち着きが表れた時点でレバレッジ制限が解除されます。
条件①:証拠金の増加によるレバレッジ制限が掛かった場合、解除するにはXM TRADINGに対して申請を行う必要があります。
次の章ではレバレッジ制限の解除方法について解説していきます。

XM TRADINGでレバレッジ制限が掛かった時の通知は?

当サイト管理人はレバレッジ制限が掛かるほど高額の証拠金をプールさせたことがないのですが、XMを利用しているユーザーの情報によれば、メールでレバレッジ規制に関する通知が来るようです。

ただ、正直に言えば888倍ギリギリまでレバレッジを掛けるユーザーは少ないと思いますし、そこまで高額のポジションを保持したまま放置するトレーダーも少ないはずですので、以下の項目にのみ気にかけていればレバレッジ制限に関する問題はありません。

  1. 自分が保有する口座全ての有効証拠金額
  2. XM TRADINGからのメール
  3. 現在自分が設定しているレバレッジ倍率

レバレッジ規制によるロスカットは?

レバレッジ規制が掛かった際、ポジションに対して有効証拠金が足りなくなってしまうケースがあります。

その時にはXM TRADINGからのメール通知が入るそうです。
指定された期日までに追加の入金・またはポジションの消化を行えば強制ロスカットを防ぐことができます。

追証拠金の支払いや、マージンコールのような仕組みですね。

万が一にでもレバレッジ規制によって強制ロスカットにならないよう、有効証拠金額には常に気を配っておきましょう。

関連記事 【徹底解説】XM TRADINGの口座開設方法

公式サイト   XM TRADING

XMレバレッジ規制の解除方法について

XM レバレッジ制限の解除

正直に言えばレバレッジ制限が設定されてしまったとしても、特に問題はありません。

下げられても200倍までなので、国内業者で取引する場合と比べればポジション量は相当違います。

 

それでもレバレッジ888倍で取引したい方であれば、有効証拠金を減らしましょう
レバレッジ制限に掛からない水準まで下げることで
レバレッジ制限解除の申請をXM TRADINGに対して行う事ができます。

 

ここ画像そうにゅう

有効証拠金は

有効証拠金は「マイページ」の「マイアカウントの概要」に記載されています。

補足:有効証拠金とは

有効証拠金とは、FXに預けている証拠金のうちポジションによる為替差益・ボーナス金額を足し引きしたもの。計算式は以下の通り。

証拠金(口座残高)+ボーナス+評価損益(含み損益)=有効証拠金

ボーナスも含む事に注意してくださいね!!

 

有効証拠金を自分で計算する手間はありますが、資金管理の一部だと考えて日頃から調整するように心がけましょう。

  1. 証拠金額を2万ドル以下にする
  2. XM TRADING サポートへ連絡をする
  3. マイアカウントより、レバレッジ倍率の変更を行う

以下ではそれぞれの手順を、実際の画像を添えて解説していきます。

手順①:口座内の有効証拠金額を少なくする

レバレッジ制限が掛かった場合、合計有効証拠金額を任意の金額以下になるように出金手続きをしてください。

証拠金 マイクロ・スタンダード ゼロ
$5~$20,000
(500円~200万円)
888倍 500倍
$20,001~$100,000
(200万円~1000万円)
200倍
$100,001~
(1000万~)
100倍

ご自身の口座にいくらの有効証拠金が入っているのかを確認し、ご希望のレバレッジが設定できる金額まで出金を行いましょう。

(内部リンク 出金方法)

手順②:XM TRADINGサポートへ連絡する

XM TRADINGサポートへレバレッジ制限解除を申請します。

XM TRADINGから出金完了メールが届いたら、ライブチャットまたはメールでXMサポートにレバレッジ制限の解除を申請しましょう。

  • メール:平日24時間対応
  • ライブチャット:平日9時から17時まで対応

 

対応時間によっては、レスポンスの速いライブチャットを使う事がおすすめです。

XM TRADINGのサポートはこちらからもアクセス可能です。→ XMサポート

 

メッセージを送る際には以下の3点を本文に記載してください。

  • 口座ID
  • 口座資金を2万ドル以下にしたこと
  • レバレッジ制限を解除したいこと

 

XM TRADINGでの確認が済んだら1~2営業日以内にレバレッジ制限を解除できることが通知されます。
ただし、この時点では解除されたわけではなく、解除が可能になっただけです。

レバレッジ制限が解除されたあと、制限前の888倍にレバレッジを戻すためにはご自身の手で変更手続きを行う必要があります。要注意です!

手順③:会員ページより、レバレッジ変更の手続きを行う

XM TRADINGよりレバレッジ制限が解除できる通達が来た後は、マイページからレバレッジの設定を変更しましょう。

  1. MX TRADINGのマイページにログインする
  2. 『マイアカウントの概要』ページを表示
  3. レバレッジを変更したい口座の『オプションを選択する』→『レバレッジ変更』
  4. 希望のレバレッジを選択→『リクエストを送信』をクリックする

 

リクエスト送信後、当日または翌日にレバレッジが変更されます。

XMのレバレッジ規制が解除されないパターン

上記の方法でレバレッジ規制を解除できるのは、有効証拠金の増加によって制限が掛かった時のみです。

先ほど説明したような、②マイナー通貨の取引を行った時や、③重要な経済指標の発表があった時などはユーザーがレバレッジ規制をコントロールすることはできません。

 

まとめ:XM TRADINGを利用するときはレバレッジ規制に注意

さて、今回の記事ではXM TRADINGのレバレッジ規制に関連するルールについて解説してきました。

XM TRADINGでは、

  1. 有効証拠金が一定額を超えた時
  2. マイナー通貨ペアを取引する時
  3. 重要経済指標の発表時など、相場があれやすい時

上記のタイミングでレバレッジ制限がかかります。
特に①については注意が必要で、各保有口座の有効証拠金総額が2万ドルを超えてしまうとレバレッジが200倍に制限されるので、888倍のまま取引したい方は適宜調節するようにしてください。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる