FX初心者のためのトレード基礎講座

損小利大のトレード手法の確立と考え方

一口にトレードルールといっても、その考え方・手法は様々ですが
テクニカルを組み合わせた手法が一般的かと思います。

テクニカルを使用した手法の中でも、順張りや逆張りなど存在しますが
逆に、テクニカルを使用しないトレード手法も存在します。

支持線や抵抗線などを意識して反転やブレイクを狙う手法や
チャートのパターンで判断する手法
ファンダメンタルを分析し、中長期的にポジションを保有する手法
または、重要指標発表直後の動きを狙う手法など
人によっては、テクニカルを使用したトレードは反応が遅いという方もいます。

私も、その考えは間違いではないと思います。

テクニカルは、そもそもレートの変動やローソク足の確定で計算されますので、必ず遅れが生じます。

イメージとしては、ローソク足が反転してから
移動平均線が徐々に反転を追っていくというイメージです。

ただ、チャートパターンや指標などのファンダメンタルを重視してのトレードは、

先ほどまでにもお伝えしてきたとおり、他の市場や状況などにもより
必ずしも相場は一定の解釈をするわけではないので、経験と判断力が強く求められます。

テクニカルは、様々な分析手法があり一概にこれが正解だということは言いきれませんが

使用するテクニカルとサインの組み合わせにより、
投資の基本である損小利大の仕組みを確立してしまえば

ファンダメンタルを重視する手法よりも
利幅は抜きにして“トレードで勝つ”ということだけを目的とした場合

テクニカル分析を駆使したシステマチックなトレードは
結果的に安定した利益をもたらしてくれる、十分有効なトレード手法かと思います。


システムトレードロジックの必要性

相場は様々な要因が絡み合って動きます、
その相場から効率よく利益を上げるためには、まず自分自身を知る必要があります。

人間の感情というのは弱いもので
特に、お金が掛かると人間の感情は不安定になり
投資において感情はあまりプラスに作用することはありません。

これは、トレード経験のある方なら身に覚えがある方も多いのではないかと思いますが
デモトレードでは上手くいったのに、実際に資金を投じてトレードを始めた途端上手くいかなくなった、
という経験をした方もそう少なくはないはずです。

投資は実社会のように貰うお金を決めて働くのと違い
いくら儲かるかわからないだけでなく、その結果によってはマイナスにもなります。

先の読めない不安と、大切な資金が奪われていくかもしれないという心理的不安から
精神状態は、余程の神経がない限りどうしてもトレードの妨げになってしまうのは
ある意味しょうがない事です。

以上のことを踏まえると、ルールを決めてトレードする事が必要で
尚且つ、効率的に利益を積み増すためには、感情を極力排したトレードルールが必要と考えられます。

株式・先物・FXと共通して言えることですが…
プロも素人も同じ土俵で勝負する市場において、個人投資家が勝つために必要なことは
欲張らずに上手く相場の流れに乗って、利益の取り易いところでシッカリと利益を取ることです。

そして、私達個人投資家は、その情報量・資金量において遥かに劣っています。
世界中の莫大な規模の資金の流れに、まともに勝負しても到底勝ち目はありません。

投資家に悪影響を及ぼす精神的な不安は、明確なルールがないことによって生じます、
為替相場の値動きは、上昇トレンド・下降トレンド・揉み合いの大きく分けて3パターンです。
その3パターンを超短期的には規則的な動き・不規則的な動きの連続からなります。

その瞬間瞬間で、判断が求められる訳ですが…
そこに明確な投資ルールがなければ、一時的な動きに惑わされてしまいトレードに一貫性を保てなくなります。
このような精神的不安は、どんなトレーダーにもあります。

勝ち続けるトレーダーは全てと言っても言い過ぎではありません。 トレードをシステム化しています。
判断基準・エントリー基準に一貫性があります。

>>ロジックの検証へ

copyright (c) 2009 FXトレードビギナー講座 All rights reserved.