FX初心者のためのトレード基礎講座

テクニカル分析

FX相場の動向を見極め、その後の動きを予想する上で様々な分析手法があります。

FXは、世界各国で取引がされており、24時間マーケットが開いているため
その値動きに連続性があり、他のマーケットよりテクニカルが機能しやすい傾向にあります。

テクニカル分析は、いくつも種類があり突き詰めればキリがありませんが
ここでは、代表的なものをご紹介したいと思います。
メジャーなテクニカルは、世界各国のトレーダーも参考にしているため、
テクニカル分析は機能しやすい傾向にあります。

テクニカル分析の必要性を考える

一口にトレードルールといっても、その考え方・手法は様々ですが
テクニカルを組み合わせた手法が一般的かと思います。

テクニカルを使用した手法の中でも、順張りや逆張りなど存在しますが
逆に、テクニカルを使用しないトレード手法も存在します。

支持線や抵抗線などを意識して反転やブレイクを狙う手法や
チャートのパターンで判断する手法
ファンダメンタルを分析し、中長期的にポジションを保有する手法
または、重要指標発表直後の動きを狙う手法など
人によっては、テクニカルを使用したトレードは反応が遅いという方もいます。

私も、その考えは間違いではないと思います。

テクニカルは、そもそもレートの変動やローソク足の確定で計算されますので、必ず遅れが生じます。

イメージとしては、ローソク足が反転してから
移動平均線が徐々に反転を追っていくというイメージです。

しかし、ファンダメンタル重視でのトレードは長期的には反映される傾向にありますが、
そう単純なものでもありません。

金融市場は全て連動しています。
為替市場・株式市場・先物市場などなど、各市場単独で動くということはありません。
何らかの影響は受けていますし、災害や要人発言など突発的な影響も受けます。

そして、全ての材料に対し市場は必ずしも一定の判断を下す訳ではありませんし、
アナリストや評論家がどう言おうが、結果的な判断は相場が下し相場の判断はいつも正しいということになります。
ファンダメンタルズ分析重視でのトレードを否定するわけではありませんが、
我々個人投資家は、テクニカル重視で取れるところでしっかり取る”
というスタンスで、テクニカル分析重視のシステマチックなトレードが成功への近道かと思います。


さて、テクニカル指標には、様々な分析手法があり一概にこれが正解だということは言いきれませんが

使用するテクニカルとサインの組み合わせにより、
投資の基本である損小利大の仕組みを確立することが出来れば

ファンダメンタルを重視する手法よりも
利幅は抜きにして“トレードで勝つ”ということだけを目的とした場合

テクニカル分析を駆使したシステマチックなトレードは
結果的に安定した利益をもたらしてくれる、十分有効なトレード手法かと思います。

テクニカル指標に関して、代表的なものをご紹介しておりますので、
宜しければ参考にして頂ければと思います。


 

copyright (c) 2009 FXトレードビギナー講座 All rights reserved.