FX初心者のためのトレード基礎講座

トレードスタイル

多くの方は、本業をお持ちでその合間を縫ってトレードをするというスタイルかと思います。

そのため、それぞれライフスタイルに合った時間軸でトレードすることが大切です。
トレードをする上で、大切なのは感情を排し淡々とルールに従ったトレードをすることです。

ロジックによる違い(時間軸による違い)

システマチックにトレードすると一口に言っても
そのスタイルは様々です。

3、4日から、2、3週間ほどポジションを保有するスイングトレード

基本的に1日でエントリーから決済までを完結するデイトレード

1分足や5分足の短い時間軸を執行時間軸とし、
長くても数分間でトレードを完結するスキャルピング

更には長期保有するポジショントレードなど、 その考え方はさまざまでどれも間違いではありません。

基本的にエントリーからエグジットまでのタイミングを測る執行時間軸が違いますので、
それぞれの特性を知り、ご自身のライフスタイルに合ったロジックでの運用が大切です。


トレンドは、短い時間軸から長い時間軸へと波及していきますが、
一度長い時間軸へと波及したトレンドは、そのトレンドを継続使用という力が大きく働きます。

この傾向から言っても、FXトレードは短い時間軸でのトレードほどダマシが多くなる傾向にあり
長い時間軸ほど、トレンドを捕らえやすいと言うことがいえます。


また、トレードを行う上での基本は、

5分足でエントリーしたら、5分足でエグジットします。
30分足でエントリーしたら30分足でロスカット・エグジットのタイミングを計ります。

例えば、
『5分足でエントリーしたけど、利が伸びているからもう少し様子を見てみよう』
とか
『2時間足でエントリーしたけど、何だか揉み合っているからエグジットしてしまおう』
と、言ったような一貫性を欠いたトレードは、
そのシステムの本来のパフォーマンスを計れないどころか
何れ、エントリールールの無視にも繋がってしまい、
一貫性を保ったルールどおりのトレードが出来なくなってしまいます。


 

copyright (c) 2009 FXトレードビギナー講座 All rights reserved.