FX初心者のためのトレード基礎講座

各通貨の特徴

24時間休むことなく変動を続ける為替相場、その値動きには各通貨ペア独特の特徴があります。

どんなに優れたトレーダーでも全ての通貨ペアを手掛けてトレードする、と言う人はいないでしょう。
…各通貨ペアにはそれぞれ独特の値動きの特徴がありますし、多くの通貨ペアを手掛けることにそもそも意味がないから 、と言う理由もあります。

各通貨ペアの特徴を知ることで、自分にあった通貨を見つけて得意な通貨ペアでトレードすることをおススメします。


ドル円

最も基本的な通貨です。
日本人にとって1番馴染みのある通貨であり、世界の基軸通貨です。
ニュースや新聞などで、円高とか円安と言うのは、このドルに対して円が安いとか高いとか言っているわけです。 そして、それ以外の通貨ペアをまとめて「クロス円」という言い方をします。
それは、他の通貨ペアはドルに対してのレートで円に対してのレートが決まるわけです。
1ドル=119円30銭
1ドル=1,3360ユーロ     ということは1ユーロ=159円38銭 ということになります。
どの通貨ペアを取引するにしても、ドル円の動向は注意してみる必要があります。


ユーロ/ドル

ドル円に並び、取引量の多い通貨です。
ドル円同様に実需などの取引も含め、総取引量の多い通貨ペアは、
比較的落ち着いた動きで、テクニカル分析が有効に機能しやすく
このユーロドルを好んで取引しているトレーダーも非常に多いです。
また、初心者にも損小利大の運用がしやすい通貨ペアです。


ユーロ円

ヨーロッパで導入されている通貨であり、現在はドルに変わる実力も勢いもある通貨です。
世界各国の外貨準備高はドルから一部ユーロへシフトする動きも活発です。
ユーロはドイツマルクの代替通過としての要素を兼ねているので、 ドイツの景気動向を表す指標には注意が必要です。


ポンド円

ポンド円は最もボラティリティ(変動幅)が大きいハイリスクハイリターンの通貨ペアです。
このポンド円は金利もそれなりに高く値動きの荒い分、面白みのある通貨ペアではありますが、その反面で投機筋による大口取引が多いため、経済指標などに関係なく急激な値動きをすることもありますので、取り扱いには注意が必要です。


ドルストレート

ドルを介した対円での通貨ペアをクロス円と呼ぶのに対し ユーロ/ドル・ポンド/ドル
ドル/スイスフラン・豪ドル/ドル・NZドル/ドルなど、対ドルの通貨ペアを総称してドルストレートと言います。

ドルストレート全般に共通する特徴としては、長期的にある程度一定の値幅に収まろうとする対円相場とは違い 各国のファンダメンタルズが強く反映される傾向があります。
上がるも下がるもどちらかに動き出すと、トレンドが継続しやすく一度上手く波に乗ると中・長期的に大きなを利益を上げ易いです。


豪ドル円(オーストラリアドル/円)

高金利通貨で人気の高いオセアニア通貨です。
オセアニア通貨と総称されることもあり、ニュージーランドドル(NZドル)と同じような動きをします。
特徴としては、比較的緩やかな上昇トレンドを描きますので、
積極的なトレードと言うより金利(スワップ)目的の長期トレード向き。
もう一つ、資源国という特徴があり、金先物の値動きによって多少ぶれることがあります。


NZドル円(ニュージーランドドル/円)

現時点で、豪ドルよりも金利の高いニュージーランドドル(NZドル)です。
オセアニア通貨と総称されることもあり、オーストラリアドル(豪ドル)と同じような動きをします。
特徴としては、比較的緩やかな上昇トレンドを描きます、
積極的なトレードと言うより金利(スワップ)目的の長期トレード向き。


加ドル円(カナダドル/円)

カナダドルは地理的にもアメリカと大陸続きなこともあり、米ドルの影響を受けやすいです。
あと、カナダは資源国であり最近の原油高では特にその価格変動によって上下することもあります。
経済は比較的安定しているようですが、金利もそれほど高いわけでもないので、可もなく不可もなくという感じです。


スイスフラン円

永世中立国のスイスです。
日本の次に低金利の通貨です。
有事のフラン買いといって、テロや戦争が起きたときに買われたりする事があります。


南アフリカランド円

2010年にワールドカップが開催されることが決まっており、注目の南アフリカです。
南アフリカ共和国は金、ダイヤモンド、プラチナ資源産出国で、サッカー・ワールドサッカー開催に向けた大幅なインフラ投資が見込まれ、今後の経済発展に期待が持てます。


現在の発展途上国と今後経済発展が見込まれる通貨

現在、経済成長の著しい発展途上国を総称してBRICSと呼ばれています。

BはBRAZIL(ブラジル)
RはRUSSIA(ロシア)
IはINDIA(インド)
CはCHINA(中国)   Sは複数形のSです。

まとめてブリックスと呼ばれており、今後の発展に益々注目です

BRICS(ブリックス)に続く注目の発展途上国
南アフリカ / トルコ / タイ / ベトナム / インドネシアなどが今後注目です。


copyright (c) 2009 FXトレードビギナー講座 All rights reserved.